インフォメーション&活動レポート

RSS

サンタクロースがやってくる!in 東北 ~ 12/21 福島編

2013.2.28 | カジシタ | 活動レポート

3日間に及ぶサンタ企画もいよいよ最終日。この日は福島県の川内村立川内小学校を訪問しました。

朝9時に現地集合ということで、早朝5時に自宅を出発。車で福島へ向かいました。 朝早くとあって高速道路に大きな混雑はありませんでしたが、川内村に一番近いインターチェンジは立ち入り禁止区域となっている為、内陸側の迂回ルートを使って小学校を目指します。

到着してみてびっくり!川内小学校はとても広くてキレイな校舎でした。聞くところによると、川内小学校は食育などにも力を入れている県でも有名な学校とのこと。
しかし、震災前は100名以上いた生徒も、今では16名まで減ってしまったそうです。
今回は川内村の保育園児と合同でのクリスマス会となりました。

クリスマス会も終盤。いよいよサンタクロースの登場です。本物のサンタクロースを前に目を丸くして驚いた表情の子供たち。中には先生にしがみついている保育園児もいます。
そんな雰囲気のなか、私も「トナカイ」の衣装を着て、みんなと一緒にクリスマスソングを歌いました。

そのあとの質問コーナーでは、「今何歳ですか?」「好きな食べ物は?」などの可愛らしい質問から、「僕の心の中が読めますか?」という切れ味するどい質問まで...。(サンタさんの夢のある"返し"もさすがでした!)
次にサンタさんから生徒ひとりひとりにプレゼントを渡します。最初は緊張していた子供たちも、次第にちゃんと「キートス(フィンランド語でありがとうの意味)」と言えるようになりました。

最後の記念撮影の時には、すっかり笑顔が戻った子供たち。
福島の子供と置かれている環境はまったく違いますが、私もひとりの親として、子供たちの笑顔が見られたことはとてもうれしかったです。
今回のサンタ企画を含め、これからも被災地支援を続けていきたいと再認識した瞬間でした。

東京への帰路の途中、いわき市内の温泉街に立ち寄りました。
とても趣きのある素敵な街でした。またいつか福島を訪問したいと思います。

■12/21は下記報道各社の取材がありました。
福島民友新聞社、NHK福島放送局、福島テレビ「FNNスピーク」、讀賣テレビ放送「ウェイクアッププラス」、福島民報社、産経新聞(東京本社)

全国のお客様から「基金」にご協力をいただいています。

本基金は、復興に向けた寄付や支援活動の資金に役立ててまいります。

2018年3月1~31日のお預かり金額

514,162

  • ポイント募金
  • 2011チャリティコンサート(終了) レポート
  • スキンケア募金(終了)
  • 復興支援商品(終了)
  • ふきん3枚セット(終了) レポート
  • ブライドニングLEDミラー(終了) レポート
  • あぶらとり紙(終了)
  • タオルセット(終了) レポート

いつもプロジェクトへのご意見・ご提案はこちら