エコログ 環境活動レポート

089. 初夏の緑が爽やかです

先日、甲州市・オルビスの森を訪問しました。

今回の訪問の目的は、オルビスの森での森林セラピー体験です。

 

森林セラピーとは「科学的な証拠に裏付けされた森林浴」のことです。

ただ森林を散歩するだけでなく、木の葉がささやく音を聞きながら、木や実、苔などに触れたり、

香りを嗅いでみたりと五感に刺激を与えながら森林を歩きます。

 

この森林セラピーを今後オルビスの森でも実施できるのでは?とチームで話題になり、

今回体験をしてみることになりました。

 

↑ここでは岩に腰を下ろし、目を瞑って葉のこすれる音や薫風を感じました

小川のせせらぎをBGMにヒノキや松の葉の香りを嗅ぎながら散策し、

途中でシートを敷いて15分間横になりました。

参加メンバーの8割が眠りに落ちるくらいヒーリング効果抜群でした。

これは日ごろ寝つきが悪い方にオススメしたい体験です。

↑青々とした実と葉。鮮やかで、どこか懐かしい香りがしました。

 

そして、なんと!初めてオルビスの森に生息している小鹿に遭遇しました!

(いきなり飛び出してきたので写真は撮れませんでした・・・)

自然が豊かな証拠ですね。人と動物にも心地よい森をこれからも作っていきたいと実感した一日でした。

 

森林セラピーですが、皆様にもご体験いただける機会を作れると良いなと考えています。

今後も進捗状況をブログに更新してまいりますので、温かく見守っていただけますと幸いです。

 


里山計画 活動レポートバックナンバー

過去の記事一覧