つながる・取り組む・一緒につづける:いつもプロジェクトのしくみについて

「かけがえのない『いつも』の日常を 被災地の方々が取り戻す、力になりたい」

2011年3月11日に東日本大震災が起こり、今まで当たり前のようにあった「いつも」の暮らしが、どれほど大切であったかに改めて気づかされました。お客様の「いつも」の質を高めることを目指してきたオルビスにとって、被災地域の方々が「いつも」の日常を取り戻すためのお手伝いすることが、私たちにもできる貢献の1つだと考えました。そこで、オルビスでは、被災地の復興活動を支援する「いつもプロジェクト」を立ち上げました。プロジェクトでは、お客様からお預かりした基金を復興に向けた寄付や支援活動に役立ててまいります。また、時間とともに変化する被災地情報を発信し続け、被災地の暮らしに寄り添うとともに、プロジェクトに参加いただいたお客様の思いにもお応えしていきたいと思います。

overall_view.gif

たとえ今日が曇っていても、いつかはきっと晴れになる。「いつも」をよくして、「いつか」をよくする。その思いを込めて、オルビスは復興活動を継続的に支援し続けてまいります。

いつもプロジェクトの基金の活用について、みなさまからのご意見をお待ちしております。

全国のお客様から「基金」にご協力をいただいています。

本基金は、復興に向けた寄付や支援活動の資金に役立ててまいります。

2017年7月1~31日のお預かり金額

891,036

  • ポイント募金
  • 2011チャリティコンサート(終了) レポート
  • スキンケア募金(終了)
  • 復興支援商品(終了)
  • ふきん3枚セット(終了) レポート
  • ブライドニングLEDミラー(終了) レポート
  • あぶらとり紙(終了)
  • タオルセット(終了) レポート

いつもプロジェクトへのご意見・ご提案はこちら